1、2年合同授業 ストレッチ運動

2月20日(木)に行田市グリーンアリーナでストレッチ運動の授業を行いました。講師は、クレーマー鍼灸整骨院(埼玉県行田市壱里山町9-11 )の院長 祖山 旭先生です。ストレッチとは筋を伸ばす柔軟体操のことで、肩こり、腰痛、ぎっくり腰の治療をしたり、日常の体つくりのスポーツとして、また、健康維持の目的でも行われます。姿勢を良くして、使われていない筋肉を使うことにより、血流を良くして健康の向上に役立つということです。今回は、市民大学の1年生と2年生の合同授業として、また、同窓会の方やスタッフなど100名以上の方が参加されました。

祖山 旭先生

最初は正しいウォーキングから、腰と腹に力を入れてましょう。

続いて、仰向けになり腰と足の運動

うつ伏せも行います。

跪いて、足を上げます。

次は、スクワットです。

2人で組んでの足振り運動

最後に再度、バランスウォーキングです

最後は理事長のお話がありました。

などなど、たくさんのストレッチ運動を行って、体は温まり、爽快など気分になって終わりました。今回は、新型コロナウイルスの流行もあり、マスクをしての参加の方が多かったです。自由に外出することもままならない最近ですが、ストレッチ運動で体を鍛えましょう。