スペイン風邪と平民宰相と新型コロナ

首都圏は、新型コロナウィルスの緊急事態宣言が継続されていますが、100年前のスペイン風邪に罹患した総理大臣がいました。

平民宰相と呼ばれた原敬です。

平民宰相 原敬 Wikipediaより

詳しくは 下のURLをクリック!

https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020041000001.html?page=2

5月18日フジテレビの「所JAPAN」で歴史学者の磯田道史さんが紹介した、原敬の掛け軸の書の内容が、100年後を生きている私達にも繋がる内容でしたので紹介します。

浮雲柳絮人間世
流水桃花物外春

柳の種が
ふわふわ浮かぶように
人間の世は はかない
でも水はそんな俗事と
関係なく流れ
桃の花は咲く春だ

 

その春も終わりに近づき、季節は初夏へと移っていきます。

5月の風景