北小学校で「わくわくクラブ」を実施

11月24日(火)の午後、行田市立北小学校で「わくわくクラブ」が開かれ、1年から3年までの24名の生徒が参加しました。場所は、北小学校の2Fイチョウルーム、テーマは、室内遊び「マジックショー」です。

開始は2時30分からですが、放課後の2時頃から生徒たちは集まり、コロナのための手の消毒と検温、受付を行った後で、2時30分までは自由遊びの時間になりました。

 

受付の後は開始時間まで自由時間

 

時間になると、教室での約束事を確認します。

これが終わると、イチョウルームに移動します。

本日お呼びしたマジシャンは、有名な「マギー渡部」です。

 

途中で、小学生の助手がつきました。助手も大活躍です。飛び入りの子供たちも参加しました。

 

ひもが棒になりました。

 

風船にナイフを刺してもわれません。

「うさぎ」が「あひる」にかわりました。

 

「マギー渡部」の手品は1時間程続きました。

この後は、子供たちみんなでティッシュペーパーを使った手品を実演しました。

 

この後、元の部屋に戻って、帰りの前に、本日のわくわくクラブの感想の発表が行われました。

 

子供たちの感想は次のようなものでした。

●いろんなマジックが見れて嬉しかったです。

●マジックショーは楽しかったです。マギー渡部さんが楽しくて面白かった。

●ティッシュでいろいろなマジックができることが分かりました。

●糸の長さが変わって面白かったです。

スタッフより

来月も楽しい「わくわくクラブ」にしますので、また集まってください。

 

「コロナ禍」の中でも、元気な子供たちと、スタッフの強力なサポートが印象的でした。