万葉集の歌で埼玉古墳の持ち主の姓が分った

稲荷山古墳

万葉集の歌を詳細に分析すると、埼玉古墳群の稲荷山古墳から出土した国宝金錯銘鉄剣の持ち主の姓がわかります。万葉集の中に国宝金錯銘鉄剣に掘られた文字と同じ文字があり、これを調べて行くと国宝金錯銘鉄剣の持ち主の姓に繋がります。万葉の時代に埼玉から大和に派遣された一族の人の姓や名前も、さらに悲劇の物語が分りました。詳しくは、次のページ(1.3 クロマツ(巻③444))へ進んでください。

1.3 クロマツ(巻③444)