第11期生1学年 第20回カリキュラム「健康と食事」《高齢者の健康を守る》

2月13日11期生1学年の第20回カリキュラム「健康と食事」《高齢者の健康を守る》が、東行田駅前の土橋薬局の薬剤師で行田市薬剤師会会長 鹿山高彦先生により行われました。


最初に全員に簡単な認知症のテストが実施されました。
そして、現在の特になりたくない病気が説明され、その中でアルツハイマー型認知症について健康的な食事が重要であることの説明がされました。


食事の内容については、バランスの良い食事が良いとされますが、その内容についての問題点等が説明されました。


例として、野菜サラダにかけるドレッシングのかけすぎに関して、また、マグロの缶詰の植物油で漬けた状態などが、バランスとしていかなるものかとのご意見でした。

 

アルツハイマー病の原因とされる3つの脅威の説明があり、具体的な例が示されました。


最後に、ジェネリック医薬品についての説明もあり、大変参考になるカリキュラムであったと思います。


講演後の質疑応答においても、身近な問題として具体的な内容の質疑がありました。
以上