モンゴルに行ってきました

       

今日はパソコン教室で大変です。

第11期生(1学年)歴史。文化Bグループの途中経過

行田産業遺産 足袋とその周辺           行田市の歴史に大きく影響した.

足袋産業だから

萩原宗治 田中美登里 川久保染子 川畑芳子

小谷野一敏 坂野一巳 曽田俊夫 高橋一雄

松岡昭子

 

1680年代に。行田の亀谷某(亀谷又七郎か‣?)という足袋の専門業者がいたとの記述。

享保年間(1716―1736)の町絵図には3軒の足袋屋が有った記述も有る。

享保年間[1716-1736)忍藩主は藩士の婦女子に足袋を作らせて.-面には無為にして暮らす

無職を戒め,-面には家政経済を助ける為に奨励した。このようにして、

行田の足袋産業は徐々に町の一大産業となった様で1964年頃の書籍,[木曾路名所図絵]の吹上宿の欄の下図に忍のさし足袋名産なりとの文言があり、行田では足袋の生産が多くされていたようで有る。

1808年には松沢屋(足袋商店の老舗)が創業したとの記述も有り天保(1830-1844年)

年間の天保町絵図には27件の足袋屋が明記されている、