発足

行田市民大学は平成十九年に行田ロータリークラブさんの発議で設立検討会を開催。協議の結果、準備委員を公募して平成二十年に設立準備委員会が発足。まずは大学の運営を、行政主体にするか市民主体で行うかを激論の結果、市民ボランティアによる企画・運営に決定。基本理念の制定、カリキュラムの検討等、平成二十一年に開校の運びとなりました。

行田市民大学について

行田市民大学はものつくり大学の教室で開きます

NPO法人行田市民大学活動センターによる行田市民大学の運営には、次のような特徴があります。

●行田市民大学は市民の方々に生涯学習の場を提供し、一人ひとりが輝き、豊かな地域社会づくりに貢献することを目的とします。

●「市民による手作りの学校」を目指し、カリキュラムや講師の選定を行います。講師は、近隣の大学教授、専門家などから選定しております。行田市の歴史や自然の学習にも力を入れています。
●授業の準備、運営は、運営当番グループの市民大学生とNPO法人行田市民大学活動センターおよびボランティアで行います。

●行田市民大学はグループ活動を重視しており、テーマを決めて研究活動を行っています。授業内容やグループの活動内容については行田市民大学ホームページにグループで投稿して他のグループとの共有をはかるとともに、行田市民にもその一端を公開しています。ただ、本年より希望によりグループ活動に参加しないことも可能なりました。

行田市民大学の詳細

市民大学の基本理念

授業運営について

授業進行スケジュールについて

 

 

行田市民大学同窓会について

市民大学同窓会の研修バスツアーの風景

行田市民大学を修了(2年)すると行田市民大学同窓会に入ることができます。行田市民大学同窓会もボランティアで運営されています。

行田市民大学同窓会は、次のような活動を行っています。

●研修バスツアー(日帰り)

●定期公演会

●ものつくり大学学園祭への参加

●定期総会

●広報誌の発行

●同窓生交流会/スポーツイベント

●行田市民大学同窓会のホームページの運営(卒業生やグループの活動報告を共有します)

●行田市民大学同窓会については、行田市民大学同窓会のホームページを参照してください。